HOME>オススメ情報>稼げる仕事なのかを一般的な状況から考えよう

歩合制なのが特徴

ドライバー

タクシー運転手は稼げるのかどうかを知るためには給与体系について理解しておくことが重要です。タクシー運転手の給与は歩合制なのが特徴で、売り上げがどのくらいあるかによって個人の給与が左右されるようになっています。基本給に加えて売り上げに歩合率をかけた金額を加算するという仕組みになっているのが基本です。それに加えて残業手当や休日出勤手当などの各種手当を加算し、さらに年に数回支給される賞与についても考慮することで年収が決まります。歩合の割合が大きいケースがほとんどなので、どのくらい売り上げを出せるかがタクシー運転手の年収を左右する重要な要素になっているのが実態です。

一般的な給与事情

タクシーの模型

歩合によって大きく給与額が変動するタクシー運転手の年収は一般的にはどのくらいになっているのでしょうか。平均的には年収は300万円に届かない程度になっていて、270万円から300万円の間に入っている年が多いというのが実態です。タクシーの利用率は景気によっても左右されるので毎年の平均年収の変動が大きく、景気が良い年ほど高めになっている傾向があります。ただ、歩合制の影響で個人差が大きいことは覚えておきましょう。

相場は地域によって違う

タクシー乗り場

年収の相場は個人による差もありますが、地域による違いも大きくなっています。これも歩合制による影響が出ていて、売り上げを伸ばしやすい地域ほどタクシー運転手の年収水準が高いのが特徴です。東京や大阪、京都などのようにタクシーの需要が高くて稼ぎやすい地域では平均年収も400万円くらいになっています。それに対して地方に向かうとあまり利用されていないことから平均年収が200万円少々ということも少なくありません。

広告募集中